IT環境のセキュリティ|企業の信頼性が向上するISO27001|セキュリティ強化の為に
レディ

企業の信頼性が向上するISO27001|セキュリティ強化の為に

IT環境のセキュリティ

ルーター

インターネット接続の知識

インターネットやメールなどのIT環境は多くの企業や自宅で使われています。その際、インターネットに接続する為に必要な装置がルーターとなります。ルーターはインターネット(外部)と社内や自宅などに設置されたパソコン、スマートフォン等の端末間でのデータ受け渡しをおこないます。ルーターは単にインターネットでのデータ受け渡しだけでなく、通信においてセキュリティに関わる非常に重要な役目を担っています。データの暗号化や外部からの不正侵入の検知や防御などです。しかしこれらの機能はルーターに設定を行う事により始めて機能しますので、設定されていない状態では機能しない、または非常にセキュリティに弱いネットワーク環境になってしまいます。

セキュリティ機能の基礎

ルーターには接続アカウントやセキュリティ設定が必要です。接続アカウントはプロバイダ情報を入力するだけですが、セキュリティ設定についてはある程度の基本を知っておく必要があります。まずはルーターへの接続パスワードです。特に無線接続ルーターには重要です。パスワードは簡単な名前は絶対に避ける必要があります。例えば11111やpasswordなどです。わかり易いパスワードですと簡単に侵入されてしまいます。無線タイプの場合はアクセスポイントを見えなくできるステルス機能を有効にしておくとアクセスポイントが外部から見えなくなります。次は暗号化の種類についても知っておく必要があります。WEPなどの古い暗号化タイプでは簡単に解読されてしまいます。無線通信においてはAESやTKIPタイプの強固な暗号化は必須といえます。