男女

企業の信頼性が向上するISO27001|セキュリティ強化の為に

ルーター

IT環境のセキュリティ

ルーターを選択される際にはスピードだけでなく、セキュリティ機能についても考慮する事は重要です。現在は比較的強固なセキュリティを自動設定してくれるルーターがほとんどです。あまり自信の無い方などでしたら手動で適当に設定するよりも自動設定を使用される事をおすすめします。

セキュリティの国際規格

サイバーセキュリティ

企業の信頼性が大きく向上

公共機関からの個人情報流出事故が相次いだ影響もあり、最近では情報セキュリティに対する一般の関心も非常に高くなっています。個人情報や機密データに対する厳しい情報セキュリティ能力が問われているのは企業も同様で、特に顧客データを取り扱う企業では情報漏洩が許されません。ひとたび情報流出事故を起こしてしまえば、企業に対する信頼性が大きく損なわれる恐れもあるのです。サイバー攻撃の脅威や社員のうっかりミスによる情報流出が絶えない現状から、大企業ばかりでなく中小企業の間でも情報セキュリティ対策が求められています。こうした情報セキュリティにもISO27001という国際規格が存在し、日本国内にも認証機関は少なくありません。ISOには工業製品の品質や環境に関する国際規格の他、食品の安全性・労働に関する国際規格まで多くの認証機関があります。企業ではそれぞれの業種に応じたISOの審査機関で認証を受けることにより、企業の信頼性を大きく向上させることができます。情報セキュリティが社会の中で重視されるようになった現在では、あらゆる企業にとってISO27001認証が競争力を高めることに直結する時代となっているのです。

認証取得をサポート

このように企業の業績を大きく左右するようになったISO27001取得のためにも、それぞれの企業は情報セキュリティを強化する必要があります。すでにISO27001認証を受けている企業では独自に策定したセキュリティポリシーに基づき、さまざまなリスクマネジメントを実施しています。そのためにもまずは自社の現状を分析して問題点をあぶり出し、守るべき情報資産を明らかにしなければなりません。特に人材の限られた中小企業にとっては、ISO27001取得に向けてのセキュリティ整備には険しい道のりが予想されます。膨大な顧客データを取り扱う企業ほど取得難易度が高くなるため、一般の社員が日常業務スキルの範囲内で問題解決を図るのは困難となってくるのです。そのような企業でもISO27001認証をサポートしているコンサルティング会社を利用することで、効率的な認証取得への道が開けます。情報セキュリティ面での自社の課題がコンサルタントを通じて明確化され、多方面からのリスクアセスメントが実現されていくのです。実際に多くの企業がこうしたコンサルティング会社の支援によりISO27001認証を獲得し、顧客信頼度を高めています。

オフィス

文書管理とセキュリティ

企業では事業活動に伴って多数の文書を作成していますが、それらの文書は一定期間保管しておく必要も出てきます。文書管理システムを導入することで大量の文書も効率的に管理され、他のシステムとの連携も可能です。強固なセキュリティによって社内文書を守るという目的でも、文書管理システムが強みを発揮しているのです。

男女

デジタル保管・管理する

組織においては大量の文書が発生しますが、これらを適切に管理する方法として文書管理ソフトがあります。文書管理ソフトを導入することで簡単に目的の文書を調べだすことができ作業効率を改善することができますし、安全な場所に保管すれば災害時に文書を失うといったリスクを軽減できます。